千葉県匝瑳市(そうさし)に設置している匝瑳発電所は「ソーラーシェアリング」方式で発電しています。

畑の上に間隔を空けて、細い太陽光発電パネルを設置し、農業と発電事業を両立させていることが特徴です。
ほどよい日影ができることで、収量が上がるケースも報告されています。

匝瑳で活動する農業法人「Three Little Bird」の皆さんが匝瑳発電所の下の畑で大豆を育てています。

また、匝瑳ではソーラーシェアリングが盛んにおこなわれており、メガソーラーシェアリングも設置運営されています。このメガソーラーシェアリングの畑の中で、毎年秋に「ソーラーシェアリング収穫祭」が行われています。地域の皆さんや発電所の方々が、イベントなどを通じて交流しています。

匝瑳発電所の様子

地域交流の様子